免許更新って何年ごと?

玄米については健康に良いという意見と悪いという意見があるのですが、いったいどちらが正しいといえるのでしょうか?
このような意見の源になっているのが、玄米に含まれているIP6という成分なのです。
このIP6はミネラルに対する大きなキレート効果があるので、IP6を多く含む玄米を食べているとミネラルが欠乏してしまうことになり、それが体によくないというのが玄米が悪いという意見の根拠であるのです。
しかしながら、これはかならずしも正しくはないのです。玄米にふくまれているIP6はすでにミネラルと結合した状態にあるのです。ですから玄米を食べたからと言ってミネラル不足になるということはありえないのです。

さらには、発芽玄米にはIP6がほとんど含まれてはいないのです。ですから、ミネラル不足を心配する人の場合は、玄米ではなくて発芽玄米を食べれば問題ないといえるのです。

玄米を発芽させるのは非常に簡単であるのです。
およそ32度の温水に、1日から2日漬けるだけでいいのです。
車を高く売る

一方でIP6には抗ガン作用、心臓病の予防に大きな効果があるのです。
ですから、発芽玄米ではなくて普通の玄米を食べるという方法も非常に体の健康のためには良い方法であるのです。

したがって、玄米を食べてもミネラル不足になるということはありえないのです。また、がんや心臓病の予防効果もあるということになるのです。
でも、どうしてもミネラル不足が心配になってしまうという場合には、発芽玄米を食べればよいということになるのです。