りんママの意見

妖怪ウォッチを見始めたきっかけは娘が保育園で聞いてきて家で一緒に見たことがきっかけでした。
レベル5が福岡の会社なので福岡県民としてそれだけでも親近感がわきました。
博多弁を盛り込んであるところもいいなと思いましたが一番おもしろいと感じたのは妖怪のネーミングでした。
だじゃれのような感覚で頭に入ってくるのでとても印象に残ります。
一度聞けばなかなか忘れません。
例えばネガティブ~ンという蚊のような妖怪がいるのですがネガティブには思えない愛らしさがあります。
子供はまだ意味を理解していない名前も多々ありますがおもしろいのでこんなにもブームになったのだなあと思いました。
妖怪ウォッチは子供だけではなく大人でも楽しめるアニメだと思います。
ただひとつちょっとこれは良くないなと感じたことがありました。
それは妖怪の口ぐせを親や先生から注意をされた時に子供が使って口答えをしてしまっているということでした。
むりかべという妖怪がいて何かを言われたらムーリーと答えます。
それをまねしてお手伝いや自分がちらかした物の片付けを頼んだ時にムーリーと言われたときはカチンときてしまいました。
子供はアニメの真似をしているだけで悪気はないのでしょうが少し残念です。
ですが、それもきちんと話をしてこういうときには使ってはいけないということを教えると使わないようにはなりました。
ちょっと残念に思ったのはそれくらいです。
妖怪ウォッチのゲームを娘がしていて私もデータを作成して挑戦してみましたがなかなかはまります。
CMで大人がはまってやっている光景を見て子供じゃあるまいしと甘く見ていましたが間違いでした。
ストーリーを進めるだけではなく頼まれごとやクエストなどはまりどころ満載です。
妖怪メダルを集めて仲間にしていくのは大変でしたがアニメの主人公になったみたいでとても楽しいです。最近妖怪ウォッチも新しくなりましたが益々期待できそうです。
新しい妖怪もまたまたネーミングセンスが抜群で登場が楽しみです。
社会現象になるほどの要素が妖怪ウォッチにはたくさんあります。
まだ見たことがない人にはぜひおすすめしたいです。
名前に注目して見て欲しいと絶対に伝えます。
娘は今はもう小学校にあがりましたがまだ妖怪ウォッチは継続して見ているので私もまだまだ一緒にはまって見ます。
新しい映画の公開も噂されていますがもちろん見に行く予定です。
これからもおもしろい名前の妖怪をとても期待しています。